QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
gensan
gensan
米軍キャンプから放出されるアイテムを日々楽しみながら仕入れに駆けずり回っております!趣味は沖縄三線、釣り、キャンプ、料理?でしょうか!ほぼ1ッ点物です。

ミリタリーウェブショップITEM-G
オーナーへメッセージ

2014年02月28日

DANGER 基地内スチールプレート 中古品

普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、Marine Corps Air Station Futenma)は、
日本の沖縄県宜野湾市にあるアメリカ合衆国軍海兵隊の飛行場。
通称は普天間基地[3](ふてんまきち、MCAS FUTENMA)で、
地元宜野湾市民は単に「基地」と呼ぶ。2,700mの滑走路を持ち、
嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。

第1海兵航空団司令部飛行隊(UC-35Dサイテーションを配備)
第36海兵航空群
第36海兵航空群司令部
第36海兵航空群司令部飛行隊(UC-12Fを配備)
第152海兵給油輸送飛行隊(KC-130J等を配備)
第262海兵中型ヘリコプター飛行隊(CH-46Eを配備)
第265海兵中型ヘリコプター飛行隊(MV-22Bを配備)
第36海兵航空兵站中隊
海兵重ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州ミラマーの第16海兵航空群からの分遣隊)(CH-53Eを配備)
海兵軽/攻撃ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州キャンプ・ペンドルトンの第39海兵航空群からの分遣隊)(AH-1W、UH-1N を配備)
第18海兵航空管制群
第18海兵戦術指揮中隊
第4海兵航空管制中隊
第2海兵航空支援中隊
第17海兵航空団支援群
第172海兵航空団支援中隊
その他
-------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップITEM-G  


Posted by gensan at 21:54Comments(0)

2014年02月27日

US. NAVY NWU デジタルブルー パンツ LSサイズ中古品

ベトナム戦争における南ベトナム解放民族戦線掃討を目的として1962年1月1日に結成された。前身として第二次世界大戦中に活躍した水中破壊工作部隊(UDT)があり、その歴史は米軍の近代特殊部隊の中で最も古い。本部はバージニア州バージニアビーチリトルクリーク。

SEALsという名称は、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)と、陸海空のアルファベットの頭文字から取られており、アザラシ(英: seal)を掛けたものでもある。その名の通り陸海空問わずに偵察、監視、不正規戦等の特殊作戦に対応出来る能力を持つ。2011年5月にはウサーマ・ビン・ラーディンの殺害作戦を遂行している[1]。アメリカ軍の特殊部隊の中でも、アメリカ陸軍の特殊精鋭部隊であるグリーンベレーやデルタフォースと並ぶ。
Navy SEALsの隊員

高度な水泳と潜水スキルを持っており、危機的状況において「水のある所へ逃げる」ことで難を逃れた事例も多い。SEAL輸送チームなどを除きパラシュート訓練が必須となっているため、空挺作戦も可能である。パラシュート降下時にゴムボートも降下させて海に着水し、空から水上作戦を展開することができる。また、イラクやアフガニスタン、ソマリアなど海や河川が存在しない地域でも活動している。極限的な環境である北極圏の水中でも作業できるため、陸上の過酷な環境での作戦従事も多い。

任務は通常2名から4名で行動する(場合によっては2の倍数で増員される)。1小隊は14人~16人。士官2人、兵曹長1人、先任下士官1人、下士官・水兵10人~12人の編成とされる。武器・装備は、任務内容や役割に応じて適意自由に選択される。
------------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップITEM-G
  


Posted by gensan at 17:20Comments(0)

2014年02月25日

PVS-7 ・14 ナイトヴィジョン ヘルメットマウント 中古品

第18航空団

アメリカ空軍として単一では最大の戦闘航空団である。他の補助航空団と合わせて、チーム・カデナとも呼ばれる部隊は世界第一級の戦闘航空団である。18,000人近いアメリカ人と4,000人以上の日本人からなる要員がチーム・カデナを形成する。航空団は5つのグループに分かれ、それぞれ作戦、メインテナンス、任務補助、土木、医療を担当する。F-15C/D(第44、67戦闘飛行隊の2個飛行隊24機)やKC-135(空中給油機)・E-3AWACS機などを保有し、米の西太平洋及び東南アジアでの抑止力の中心を担う在日米空軍の主力部隊。救難飛行隊もあり、救難ヘリコプター、HH-60を使用している。


第733航空輸送隊

320人以上の要員からなり、嘉手納飛行場の人員と貨物の航空輸送を担当する。毎月650機が飛来し、12,000人を超える人員と3,000トン近い貨物の輸送を行う。
---------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップITEM-G  


Posted by gensan at 19:34Comments(0)

2014年02月22日

CAUTION 基地内 スチールプレート 中古品

戦争・紛争ニュースから

ナイジェリア中部で20日、武装集団が村を襲撃し、子供9人を含む13人を殺害した。当局者が明らかにした。同域では数年前から、民族・宗教間などの衝突が後を絶たない。

 プラトー(Plateau)州バーキン・ラディ(Barkin Ladi)地区の当局者によると、「攻撃は午前1時(日本時間同9時)ごろ発生し、眠っていた13人が殺害された」という。「残忍」な襲撃で、死者のうち9人は子供だったと話している。

 同州は、キリスト教徒が多い南部とイスラム教徒が多い北部を分ける同国中部のいわゆる「中央ベルト(Middle Belt)」と呼ばれる地域に位置している。

 イスラム教徒が多いフラニ(Fulani)人またはハウサ(Hausa)人の遊牧民らが、キリスト教徒が多いベロム(Berom)人の農耕民をこれまでに何度も攻撃している。フラニ人の指導者らは、プラトー州を統制するベロム人の政治家らが、遊牧民の権利を組織的に抑圧し、遊牧に欠かせない放牧地に立ち入ることを拒否していると主張している。

 バーキン・ラディ地区は慢性的に衝突が続く政治的に不安定な場所。同日を襲撃した集団の正体はまだ分かっていない。

 警察は、今回の攻撃は単発的な事件で、すでに平穏が回復されていると話しており、正確な死傷者数の確認作業を行っているという。
----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップITEM-G  


Posted by gensan at 20:51Comments(0)

2014年02月19日

HARRIS 軍事無線 マニュアル 中古品

第31海兵遠征部隊司令部は、名護市、恩納村、宜野座村、金武町にまたがるキャンプ・ハンセンに所在している。2011年現在、アメリカ海兵隊は7つの海兵遠征部隊を常設しているが、このうち、第31海兵遠征部隊は、アメリカ本土外に駐屯している唯一の部隊である。なお、他の6個海兵遠征部隊は3つずつが各海兵遠征軍に割り振られているのに対し、第3海兵遠征軍が隷下にもつ海兵遠征部隊は本部隊のみである。

第31海兵遠征部隊は、および2,000名の海兵隊員と100名の海軍将兵から編制される諸兵科連合部隊であり、下記のような編制となっている。

地上戦闘部隊(GCE)- 通例、第1海兵師団よりローテート派遣される大隊上陸チーム(BLT)。
航空戦闘部隊(ACE)
1個中型ヘリコプター中隊(HMM)- 通例、第1海兵航空団のHMM-262またはHMM-265が交代で指定。
1個攻撃飛行隊(VMA)
兵站戦闘部隊(LCE)- 第31戦闘兵站大隊

建制ではなく任務部隊であることもあり、所属部隊はローテート部隊が多く、時期によって異なる部隊が配属されている。例えば2011年の東日本大震災に対するトモダチ作戦の際には、GCEとしては第5海兵連隊第2大隊大隊上陸チーム、ACEとしては第262海兵中型ヘリ中隊が配属されていた[1]。

これらの部隊が連携することにより、第31海兵遠征部隊は、小規模ながらも独立した作戦行動が可能な戦闘単位となっている。また、第31海兵遠征部隊は、佐世保および横須賀に展開している第7艦隊の水陸両用部隊(第76任務部隊/第7遠征打撃群)と連携することで、迅速に洋上機動して紛争地域に進出できることから、西太平洋地域における太平洋海兵隊の即応部隊として機能している。
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップITEM-G  


Posted by gensan at 22:23Comments(0)