QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
gensan
gensan
米軍キャンプから放出されるアイテムを日々楽しみながら仕入れに駆けずり回っております!趣味は沖縄三線、釣り、キャンプ、料理?でしょうか!ほぼ1ッ点物です。

ミリタリーウェブショップITEM-G
オーナーへメッセージ

2015年12月25日

NAVY SEALs

Navy SEALs(ネイビーシールズ、通称SEALs、SEALとも言う。
正式名称はUnited States Navy SEALs)は、アメリカ海軍の特殊部隊である。
アメリカ海軍特殊戦コマンドの管轄部隊であり、2つの特殊戦グループ、
8つのチームに分かれて編成されている。

入隊資格[編集]
アメリカ海軍、アメリカ沿岸警備隊のいずれかに属していて、性別は男性であること
アメリカ合衆国の市民権を保有していること
17歳以上28歳以下であること
ASVABテストをクリアすること
ASVABテスト:資質テスト。
数学・科学・語学・暗号化能力・その他10項目におよぶテスト。


訓練課程[編集]
基礎教育課程 (5週間)
志願者は、肉体と精神力の両面を評価され、SEALs勤務の条件を説明される。

SEAL体力審査テスト(PST)
このPSTでは、志願者がSEALsへ入隊するにあたって、肉体的条件を満たしているか審査する。
その審査の中に、1500フィート(457m)を12分30秒以内で横泳ぎまたは平泳ぎで泳ぐことや、
2分以内で腕立て伏せを42回、同じく2分以内で腹筋運動を50回、1.5マイル(2.4km)を
ブーツを履いて11分30秒以内で走るなどが入っている。

基礎水中爆破訓練[編集]
SEALsに入隊するには米軍の中でもっとも過酷とされる基礎水中爆破訓練
(Basic Underwater Demolition/SEAL:通称BUD/S)を経なければならないが、
約6ヶ月の訓練過程を耐えぬくことができるのは入隊志願者の15%から20%である[3]。


第1段階:基礎訓練課程 (8週間)
最初の4週間は、ブーツを履いて4マイル走、フィンを付けての2マイル水泳、
櫓登りや綱登りなどで構成される障害走、丸太担ぎ、ゴムボートでの訓練などの体力や
精神力を極限まで追い詰める体力訓練を行う。多少の水中工作や船舶操縦術も訓練されるが、
主なこの訓練の意味は、志願者のやる気や身体的・精神的な強靭さ、他の志願者との
チームワークを計ることである。さらに、「水中順応訓練」
(「溺死防止訓練」と呼ばれることもある)では、両手首両足首を縛られた状態で
プールに投げ込まれる。この状態で20分間水面に浮いており、さらに、
プールの底に落ちているフェイスマスクを取ってこなければならない。
また、部屋の整頓や装備品の整備も厳しくチェックされる。

この訓練の4週間目に「地獄週間 (ヘル・ウィーク)」というものが行われる。
志願者たちは5名から7名のチームを作らされ、5日間で体力を限界まで追い込む。
その訓練内容には、何度もずぶ濡れにされて低体温症の瀬戸際まで立たされたり、
腰まである泥の中を進みボートを数マイル運んだりもする。
しかも、この地獄週間中の合計睡眠時間はわずか4時間しか与えられない。
しかし、各訓練はチーム対抗戦となっており、課題を1位でクリアしたチームには
ボーナス睡眠時間が1時間ほど与えられる。
この地獄週間の主な意味は、あまりの過酷さに、醜態をさらさせて仲間よりも
自分を優先させる志願者を暴くためである。
地獄週間を見事に突破した者は、
少しの休息が与えられた後に水路学を4週間かけて学ぶ。

第2段階
潜水訓練課程 (8週間)
潜水技術や水中工作技術の向上を図る。この8週間で水中工作の基礎を教え込まれる。
主に、開放式潜水器(圧縮空気を使用)や閉鎖式潜水器(100%の酸素使用)の訓練を受け、
水中からの潜入のためスクーバダイビング術を学ぶ。なお、酸素濃度100%の
気体を使用する場合、酸素中毒の関係から5メートル程しか潜水できない為、
上陸作戦等の一部の作戦でしか使用できない。

第3段階
地上戦訓練課程 (9週間)
この段階に入ると、主に地上での戦闘訓練を行う。銃器や爆発物の取扱、精密射撃、
長距離偵察、ロッククライミング、航法、隠密潜入および離脱、小部隊戦術などが訓練される。
この訓練の合間もほぼぎりぎりの制限時間が与えられた長距離走や長距離水泳が行われる。

この訓練の最後の3週間半は、カリフォルニア州サン・クレメンテ島で、
今まで教わってきたことを活かし、広範囲な演習を行う。
訓練の間、担当教官らによる審議会(段階審査会と専門審査会)が行われ、
能力不足のものに失格が言い渡される場合もある。また、残留が決定したとしても、
1つ後のクラスに再履修生として廻される事もある。
なお、この一連の訓練が終了すればBUD/Sを卒業したと看做され、
卒業式が行われるが、SEALの訓練はまだ続けられる。

最終訓練[編集]
空挺降下訓練 (3週間)
BUD/Sが終了した後も、まだSEAL入隊のための訓練が続けられる。
SEAL候補生は、民間訓練施設(元SEAL隊員が運営)(
かつては長年ジョージア州ベニング基地の陸軍空挺学校で行われていた)空挺降下訓練に励む。

訓練コースは3週間続き、第1週間は地上訓練で、降下と着地の基本技術を学ぶ。
2週間目は高さ10.4mの塔からの降下着地訓練や、
ブランコ式の着地訓練を装置を使っての訓練が行われる。
3週目になると兵士たちはだんだん難易度を上げながら、夜間1回を含む5回のパラシュート降下を行う。
無事に降下を終えた者たちは「空挺降下資格者」となる。

SEAL資格訓練(SQT) (15週間)
この訓練を受けるため、海軍特殊戦センターに戻り、15週間の訓練を行う。通信技術や舟艇操縦技術、
近接戦闘、狙撃、空挺降下などを訓練する。この訓練の意味は、SEAL候補生を実際にSEALsとしての
作戦に従事できる水準までに引き上げる事である。
このSQTに合格すれば、海軍特殊戦章「三又鉾」を授与され、
SEAL海軍下士官兵適性区分(NEC)コードを与えられる。

基礎寒冷地海洋訓練 (3週間)
SQTの後、最初の作戦部隊の配属される前の3週間は、
アラスカ州コディアック島で寒中訓練を受ける。
その後は、SEALs隊員として作戦に従事するが、常時行われる実行訓練プログラムでは、
外国語や30週間の衛生コースなどの技能を学ぶ。
ここまでおよそ2年6ヶ月かかるといわれている。

-------------------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップ




  


Posted by gensan at 20:00Comments(0)