QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
gensan
gensan
米軍キャンプから放出されるアイテムを日々楽しみながら仕入れに駆けずり回っております!趣味は沖縄三線、釣り、キャンプ、料理?でしょうか!ほぼ1ッ点物です。

ミリタリーウェブショップITEM-G
オーナーへメッセージ

2014年04月02日

US パラシュートコード編み 約55cm

2001年9月11日に発生した同時多発ハイジャック事件。「アメリカ同時多発テロ事件」とも。
4機の旅客機が相次いで墜落し、死者3025人(推定)、怪我人6000人以上の被害を生じた。
当該旅客機の乗員乗客は誰一人生存できなかっため、事件の推移には不明な点も多い。

事件の概略 †

同日朝、アメリカ国内線を就航する下記の旅客機4機が相次いでハイジャックされた。
同機は相次いで墜落、うち3機は世界貿易センタービル、ペンタゴンなどの重要施設に激突。
この被害内容から、実行犯の目的はテロリズムとしての特攻だったと推定されている。

ボストン発ロサンゼルス行 ユナイテッド航空175便(B767-222(N612UA))
世界貿易センタービルサウスタワー(第2ビル)に衝突・墜落。
ボストン発ロサンゼルス行 アメリカン航空11便(B767-223ER(N334AA))
世界貿易センタービルノースタワー(第1ビル)に衝突・墜落。
ニューアーク発サンフランシスコ行 ユナイテッド航空93便(B757-222(N591UA))
ペンシルバニア州・サマーセット近郊の炭鉱跡地に墜落。
乗客が外部と連絡を取って事態を把握し、機内で戦闘が発生した事で混乱から墜落に至ったとされる。
管制に対しワシントン州に向かう旨の通告があったが、本来の目的地(標的)は不明。
ワシントン発ロサンゼルス行 アメリカン航空77便(B757-223(N644AA))
ヴァージニア州・アメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に衝突・墜落。
破壊痕の規模が不自然にも小さいため、衝突前にアメリカ空軍に撃墜されていた可能性があるが事実不詳。

事件直後、大統領により非常事態宣言とデフコン3が発令された。
アメリカ領空内の全航空機の強制着陸、領空・国境の封鎖、空港の厳戒態勢などの措置が取られた。

犯人は何者だったのか? †

アメリカ政府は、犯人がスンニ派イスラム原理主義組織「アルカーイダ」のメンバーであると断定。
反米・反ユダヤ的な思想に基づくテロリズムの結果であると公表している。

この"事実"に基づき、アメリカはアフガニスタンに対し、潜伏しているアルカーイダの引き渡しを要求した。
これに対し、アフガニスタンのターリバーン政権は証拠不十分として引き渡しを拒否。
数度に渡ってアルカーイダの引き渡しを求める国連安保理決議が採択されたが、ターリバーンはその全てを拒否。
ここに至って北大西洋条約機構はターリバーンに対し宣戦布告、アフガニスタン紛争?から始まる対テロ戦争?が勃発した。

なお、事実関係の立証について十分な確証があったかといえば、確かにこれは疑わしい。
歴史の転換点に起きた事件全てがそうであるように、この事件についても「隠された真相」を主張する非主流の解釈は多い。
特に、アメリカ主導による暴力的報復はこの事件に対する視点を非常に複雑なものとしている。
「アメリカ合衆国が用意したアメリカに都合の良い見解を国際社会が鵜呑みにしている*1」という印象は拭いがたい。

あのスピードでビルが崩れるのが疑問であるとTV番組で放送されていた。

-------------------------------------------------------------------------

キーチェーン替わりにもしもの護身用に!
-------------------------------------------------------------------------
ミリタリーウェブショップ





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。